全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

西表島などで2学期スタート 与那国町でオンライン授業も

コロナ禍2年目の2学期が始まった。「おしゃべりすごろく」で転入生と交流を深める児童ら=26日午前、白浜小学校

 【西表・与那国】竹富町西表島と与那国町の小中学校計9校で26日、2学期が始まった。コロナ禍の夏休みを過ごした子どもたちが元気よく校門をくぐり、教室に明るい笑い声が戻った。

 新型コロナウイルスの「第5波」は収まる気配をみせず、夏休み期間中にコロナ陽性者と接触したため、自宅待機で新学期を迎えた児童生徒も。与那国町では自宅待機の児童にギガスクール構想で一人一台導入した端末を持ち帰らせ、オンライン授業の試験運用も始めている。

 竹富町では授業時数を確保するため、2022年度から夏休みの後半を従来より短くし、8月下旬から全校一斉で2学期を始業する方針。今年度は先行実施として町内で希望校を募り、白浜小を含む西表島内の4校が26日から2学期を開始した。

 このうち白浜小学校(武冨悟校長、児童9人)は体育館で始業式をした後、各クラスで授業を行った。3・4年生の複式学級は、道徳の時間を利用して転入生の児童と「おしゃべりすごろく」で交流を深めた。

 夏休みの思い出について4年生の下地葵さん(9)は、船浮の桟橋で飛び込んだり、イダの浜で泳いだりしたことが印象深く残っているという。釣りざんまいの夏休みを過ごした3年生の水谷貫太君(同)は、30㌢のヤイトハタ(ミーバイ)を釣ったことが忘れられない。2学期の目標に「SUPの全国大会で優勝したい。勉強もSUPぐらい頑張りたい」と頼もしく話した。  与那国町では、コロナ陽性者の濃厚接触や島外から帰島後PCR検査結果が出ておらず自宅待機中の児童生徒もいる。始業式は各教室と校長室をオンラインで結んだり、自宅からオンラインで参加させたりした。

 今後は9月10日から全児童生徒に端末を持ち帰らせ、教室の授業をオンラインで受けられる体制も構築していく。ある学校職員は「これまでコロナで授業がストップすることもあった。端末をうまく使って授業を進めていきたい」と期待した。

 2学期終了は両町とも12月24日。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク