全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「新規予約入らない」 感染拡大に嘆く白浜温泉

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、宿泊客が減っている白浜温泉街(和歌山県白浜町、平草原公園近くの展望台から撮影)

 全国的な新型コロナウイルスの感染拡大が、和歌山県白浜町の白浜温泉街にも影響を及ぼしている。県は宿泊施設に対し、県外からの新規予約の受け付けを控えるよう求めているが、施設側からは「そもそも新規予約がほぼない」という声も聞かれる。
 「8月は何とか、という感じだが、9月は厳しそうだ」。町内にある大型施設の担当者は嘆く。受け入れるはずだった県外からの修学旅行も続々とキャンセルが入っているといい「(9月の)平日は休館する施設も出てくるのではないか」とみる。
 県からの求めについては「営業活動は展開しないが『行きたい』という人は断れないというのが正直なところ。粛々とやるだけだが、感染拡大で、出控え感が強まるのは間違いない」と話す。
 別の施設でも、例年比で客の少ない状態が続き、数千万円の赤字になった月もあると明かす。施設の幹部は「(連絡が)来るのは新規予約ではなくキャンセルばかり。いま宿泊しているのはずっと前から予約していた方ばかりで、今回の県の求めはあまり影響がなさそう」と苦笑する。敬老の日と秋分の日がある9月4週目の予約も「かなり消えた」という。
 県は24日付の県民に対する「お願い」の中で、宿泊施設に対する「県外からの新規宿泊予約の受け付けを控える」を盛り込んでいる。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク