全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

白老町、窓口業務を委託 10月から運用開始 町内4郵便局に 住民サービス向上へ

白老町は、公的証明書の交付など窓口業務の一部を町内4郵便局に委託し、10月1日から運用を開始する。住民サービス向上を目指す行財政改革の一環で、町と日本郵便北海道支社は25日、道内初となる包括委託契約を締結した。

包括委託契約書を交わした及川裕之北海道支社長(右)と戸田安彦町長

 委託先は社台、萩野、竹浦、虎杖浜の各郵便局。住民票の写しや戸籍謄抄本など公的証明書の交付、国民健康保険や後期高齢者医療制度関係の届け出書・申請書の受け付けなど、12項目の行政事務を委託する。来年4月からは有料ごみ袋の販売や地域循環バス定期券の発行なども郵便局で取り扱えるようにし、将来的に委託業務を拡大していく方針だ。

 町の窓口業務は現在、大町の本庁舎をはじめ、萩野、竹浦、虎杖浜の各地区に設けている出張所でも行っている。一方、各地区に郵便局があるため、業務の一部を民間に委託することで、出張所廃止を視野に入れた行財政改革の推進につなげる。また、身近な郵便局で地域住民が証明書交付などの手続きを行えるようになることから、町は利便性の向上にも期待している。

 郵政民営化によって、郵便局が市町村の行政事務を受託できるようになり、道内でも自治体の公的証明書交付の一部を取り扱う局が増えつつある。しかし、白老町のように、各種届け出書や申請書の受け付けも含めて幅広く業務を取り扱う例はなく、自治体と同北海道支社が包括委託契約を結ぶのは初めてという。

 町役場で同日行われた契約締結式で戸田安彦町長は「東西に長いまちにおいて、身近な郵便局で行政手続きを行えるようになるのは、住民サービス向上につながる」とし、同北海道支社の及川裕之支社長は「郵便局が生活サポートの使命を果たせるようしっかりと取り組みたい」と述べた。

■白老町内の4郵便局が扱う業務(10月1日から)  ▽公的証明書交付―住民票の写し、戸籍付票の写し、納税証明書、戸籍謄抄本、印鑑登録証明書  ▽証明書交付以外の行政事務―国民健康保険関係、後期高齢者医療制度関係、飼い犬登録関係の各種届け出書や申請書の受け付け、狂犬病予防注射票の交付、精神障害者保健福祉手帳の交付、身体障害者手帳の交付・届け出書の受け付け、療育手帳の交付・返還

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク