全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

白老町、窓口業務を委託 10月から運用開始 町内4郵便局に 住民サービス向上へ

白老町は、公的証明書の交付など窓口業務の一部を町内4郵便局に委託し、10月1日から運用を開始する。住民サービス向上を目指す行財政改革の一環で、町と日本郵便北海道支社は25日、道内初となる包括委託契約を締結した。

包括委託契約書を交わした及川裕之北海道支社長(右)と戸田安彦町長

 委託先は社台、萩野、竹浦、虎杖浜の各郵便局。住民票の写しや戸籍謄抄本など公的証明書の交付、国民健康保険や後期高齢者医療制度関係の届け出書・申請書の受け付けなど、12項目の行政事務を委託する。来年4月からは有料ごみ袋の販売や地域循環バス定期券の発行なども郵便局で取り扱えるようにし、将来的に委託業務を拡大していく方針だ。

 町の窓口業務は現在、大町の本庁舎をはじめ、萩野、竹浦、虎杖浜の各地区に設けている出張所でも行っている。一方、各地区に郵便局があるため、業務の一部を民間に委託することで、出張所廃止を視野に入れた行財政改革の推進につなげる。また、身近な郵便局で地域住民が証明書交付などの手続きを行えるようになることから、町は利便性の向上にも期待している。

 郵政民営化によって、郵便局が市町村の行政事務を受託できるようになり、道内でも自治体の公的証明書交付の一部を取り扱う局が増えつつある。しかし、白老町のように、各種届け出書や申請書の受け付けも含めて幅広く業務を取り扱う例はなく、自治体と同北海道支社が包括委託契約を結ぶのは初めてという。

 町役場で同日行われた契約締結式で戸田安彦町長は「東西に長いまちにおいて、身近な郵便局で行政手続きを行えるようになるのは、住民サービス向上につながる」とし、同北海道支社の及川裕之支社長は「郵便局が生活サポートの使命を果たせるようしっかりと取り組みたい」と述べた。

■白老町内の4郵便局が扱う業務(10月1日から)  ▽公的証明書交付―住民票の写し、戸籍付票の写し、納税証明書、戸籍謄抄本、印鑑登録証明書  ▽証明書交付以外の行政事務―国民健康保険関係、後期高齢者医療制度関係、飼い犬登録関係の各種届け出書や申請書の受け付け、狂犬病予防注射票の交付、精神障害者保健福祉手帳の交付、身体障害者手帳の交付・届け出書の受け付け、療育手帳の交付・返還

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク