全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

(鶴岡市屋内多目的運動場)愛称は「だだちゃアリーナ」 今年11月完成12月供用開始 ネーミングライツパートナー募集も予定

 鶴岡市が鶴岡大山工業団地内で建設を進めている市屋内多目的運動場の愛称が「だだちゃアリーナ」に決まった。この愛称を基に9月には、企業を対象にしたネーミングライツ(命名権)パートナーを募集する予定。同運動場は今年11月下旬の完成、12月の一般供用開始を予定している。

愛称が「だだちゃアリーナ」に決まった屋内多目的運動場の外観

 同運動場は、JR羽越本線の羽前大山駅南側にある同工業団地内で建設が進む。天候や季節に左右されず一年を通してさまざまなスポーツができる環境を整備する。施設は人工芝48メートル×75メートルの広さがあり、小真木原総合体育館の約1・8倍で、屋内運動施設としては県内最大級の規模となる。全面人工芝のアリーナは、フットサルコートなら2面、硬式・軟式テニスコートは4面、ゲートボールコートは8面を取ることができ、グラウンドゴルフや軟式野球、各種軽スポーツを含め多様な競技に活用できる。天井の高さ(床面から梁(はり)下まで)は8―13メートルある。

 愛称は市内在住者を対象として6月に公募し、5歳から84歳までの120人から計193点が寄せられた。地元自治会や体育協会などの関係者による選定委員会を経て、「だだちゃアリーナ」に決まった。全国的に知られる鶴岡の特産品のだだちゃ豆にちなんだ愛称で、市スポーツ課は「鶴岡を表す代表的な産物で、施設周辺にはだだちゃ豆畑がある。市民にとってなじみ深い名称」と選定理由を話す。応募者のうち採用者3人を、11月21日に予定する竣工(しゅんこう)式典で表彰する。

関連記事

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク