全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イセエビ漁が解禁 水揚げ初日は94.5キロ 奄美群島

漁が解禁され、水揚げされたイセエビ=21日、奄美市名瀬

 鹿児島県奄美群島で21日、イセエビ漁が解禁された。奄美市名瀬の名瀬漁業協同組合(満林春男組合長)では、早朝から水揚げされた赤エビ(カノコイセエビ)や青エビ(シマイセエビ)が並び、仲買人が競り落とす風景が見られた。初日の水揚げ量は前年比9キロ減の94.5キロ(赤エビ32.5キロ、青エビ62キロ)で、3年ぶりに100キロ台を割り込んだ。

 イセエビ漁は資源保護を目的に、産卵期に当たる5月1日~8月20日は禁漁とされている。

 名瀬漁協によると、21日は名瀬漁協管内のほか、奄美市笠利町、同市住用町、瀬戸内町からも水揚げがあった。1キロ当たり競り価格の最高値は赤エビが4700円、青エビは3811円だった。

 100キロ未満の水揚げとなった要因について同漁協の担当者は「漁解禁初日の21日は満月だったため、捕獲に適した闇夜と比べイセエビが岩陰から出てこなかった可能性がある」と述べた。

 満林組合長は「今年も前年に近い漁獲があり、まずまずのスタート。資源保護に向け抱卵しているイセエビを捕獲しないよう、組合員から自発的な声が上がっており、漁協内の捕獲ルール化を検討していきたい」と話した。

関連記事

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク