全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イセエビ漁が解禁 水揚げ初日は94.5キロ 奄美群島

漁が解禁され、水揚げされたイセエビ=21日、奄美市名瀬

 鹿児島県奄美群島で21日、イセエビ漁が解禁された。奄美市名瀬の名瀬漁業協同組合(満林春男組合長)では、早朝から水揚げされた赤エビ(カノコイセエビ)や青エビ(シマイセエビ)が並び、仲買人が競り落とす風景が見られた。初日の水揚げ量は前年比9キロ減の94.5キロ(赤エビ32.5キロ、青エビ62キロ)で、3年ぶりに100キロ台を割り込んだ。

 イセエビ漁は資源保護を目的に、産卵期に当たる5月1日~8月20日は禁漁とされている。

 名瀬漁協によると、21日は名瀬漁協管内のほか、奄美市笠利町、同市住用町、瀬戸内町からも水揚げがあった。1キロ当たり競り価格の最高値は赤エビが4700円、青エビは3811円だった。

 100キロ未満の水揚げとなった要因について同漁協の担当者は「漁解禁初日の21日は満月だったため、捕獲に適した闇夜と比べイセエビが岩陰から出てこなかった可能性がある」と述べた。

 満林組合長は「今年も前年に近い漁獲があり、まずまずのスタート。資源保護に向け抱卵しているイセエビを捕獲しないよう、組合員から自発的な声が上がっており、漁協内の捕獲ルール化を検討していきたい」と話した。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク