全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「琉球郵政人の熱き闘い」発刊 尖閣諸島などの切手発行の経緯紹介

復帰前に琉球政府郵政庁が尖閣諸島とアホウドリの切手を発行するまでの経緯をまとめた小冊子と絵はがきのセット

 【那覇】尖閣諸島文献資料編纂会(新納義馬会長)はこのほど、復帰前に琉球政府郵政庁が尖閣諸島とアホウドリの切手を発行するまでの経緯を小冊子「琉球郵政人の熱き闘い」にまとめた。

 尖閣諸島の石油資源をめぐり台湾や中国と対立していた当時は日米両政府の厳しい検閲があり、尖閣を表す切手の発行は至難の業だった。

 同庁職員は1971年に琉球大学調査団が尖閣諸島で発見したアホウドリを切手にする機密プロジェクトを企画。沖縄の海と空、島をモチーフにした海洋シリーズとして製作し、発行を成し遂げた。

 冊子では米軍占領下に発行された琉球切手の歴史も紹介。48年から72年までに米軍票B円や米㌦の切手計259種が製作されたという。

 同庁やアホウドリの写真、琉球切手、海洋シリーズなどを絵はがきにした。同会は「当時の職員たちの偉業を知り、県民の誇りとして忘れないでほしい」と話している。

 小冊子は14㌻。絵はがき12枚とセット(税込み300円)で販売している。問い合わせは同会(070―5415―6349)、ホームページ(https://senkakudmca.zouri.jp)。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク