全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

中心地をウオーカブルに、市が計画

市が示したヒストリア宇部前の副道活用イメージ図

 宇部市は、国道190号新川大橋―松山町1丁目交差点間(通称・常盤通り)の歩道と副道の一部を活用して「居心地がよく、歩きたくなる」まちなか形成を目指し、ウオーカブルなまちづくりに取り組んでいく。24日の定例記者会見で篠﨑圭二市長が、今後、国や地元関係者と協議を進める方針を示した。     市役所本庁舎の建て替え、旧山口井筒屋宇部店跡の利活用計画に合わせて面的な整備を行い、魅力的で回遊性のある街並みをつくり、にぎわいの創出を図るのが狙い。     計画案では、現在の複数の樹種が混在する植樹帯をケヤキ並木として再整備するほか、副道の一部と歩道を一体的に整備し、テーブルやベンチ、キッチンカーの配置を含めた可変的に利用できる滞在空間を創出するとしている。     現時点の案では、市役所前、ヒストリア宇部前、旧山口井筒屋宇部店前の副道3カ所の活用を考えている。今後は、常盤通り沿線の住民を対象とした説明会を通じて、要望、意見を集約。通り全体についてのウオーカブル化に向けた整備内容、植栽計画などの案作成を円滑に進めるための協議会を設立し、国と一体となって事業を進める方針という。     常盤通りに関しては、2020年3月に内閣総理大臣認定を受けた市中心市街地活性化基本計画の中で、副道廃止などの検討を含めた空間づくりが提言されていた。国が「ウオーカブル推進事業」の創設など、車中心から人中心のまちなか空間への転換を目的とした施策を20年度に打ち出したことを受け、市は今年5月に常盤通りの公園的歩行空間計画案を策定。7月には、篠﨑市長が国土交通省中国地方整備局長を訪ね、計画案について国と円滑な協議を進めるための要望書を手渡している。     篠﨑市長は「中心市街地活性化に対する市民の思いはたくさんある中で、ウオーカブル化の推進によって、実際どのように変わっていくのか見える化して、皆さんに伝えていきたい。思った以上に国からも前向きに取り組む返事を頂いたので、計画をしっかり進めていきたい」と語った。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク