全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イタツキバラで邪気払い 大浜、40年ぶり獅子頭新調

約40年ぶりに新調した獅子頭に神酒を注ぐ大浜獅子・棒保存会会員=23日夕、大浜公民館

 旧盆明けの23日、邪気を払い地域住民の無病息災を願う伝統行事の「イタシキバラ」が各地で行われ、石垣市内の大浜と登野城では勇壮な獅子舞が披露され、村の繁栄とコロナ収束を祈願した。

 大浜公民館では大浜獅子・棒保存会(田盛英伸会長)の会員約20人が公民館で行った。獅子頭は約40年ぶりに新調。魂を入れる「獅子起こし」では島袋英信館長が神棚の前で「ニガイフチィ」を読み上げ、会員らが清めの塩と神酒を口にした。

神棚の前でニンガイを行う大浜獅子・棒保存会の会員ら=23日夕、大浜公民館

 島袋館長は「大浜村の厄払いをして、早めのコロナ収束を願う」、田盛会長は「メンバーが少ないが頑張って元気よく戻ってきたい」、同館の前津秀一郎教養部長は「伝統継承も一つの責務。気持ちを一つにして頑張って」とそれぞれ述べた。

 この後、大浜村にある4軒の家々を回って同館へ戻るイタツキバラを役員の みで縮小して行った。字民へは後日、イタツキバラの様子を映像で見られるQRコードを配布予定。

 登野城字会(新城浩健会長)と登野城獅子保存会(黒島弘会長)の関係者らは午後2時から獅子頭と弥勒の面を保管するアラスクヤーに集い、恒例の「獅子祀り」を執り行った。

勇壮な舞で無病息災を願う登野城獅子保存会の獅子=23日午後、登野城のアラスクヤー

 神司がニンガイを行った後、三線と笛でナナツンガニ、無蔵念仏節、弥勒節を演奏。獅子起こしの祈願の後、ビギシィシィ(雄獅子)とミィーシィシィ(雌獅子)が登場し、獅子舞を披露した。  獅子はススキの葉で作られたサンを神司から受け取ると村の四隅に見立てた盛り砂にそれぞれ配置。邪気退散と無病息災、コロナ終息を祈願した。

 黒島会長は「コロナ禍ということで字民も招待できず残念で心苦しいが、無事に祈願を終えてほっとしている」と安堵の表情を見せ、「獅子の力で邪気を追い払い、来年10月に行われる結願祭に気持ちを向けていきたい」と語った。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク