全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「クロモジの日」9月6日に初のサミット 飯島で連動イベント

クロモジを保護育成しようと、苗木を植栽するいいじま森の会の活動=5月9日、飯島町の町民の森

香木・薬木の「クロモジ」を生産拠点の駒ケ根市で研究する養命酒製造(東京)が立ち上げたクロモジ研究会(全国44団体で組織)は9月6日に、初めての「クロモジサミット」をオンラインで開く。今年、6日が「クロモジの日」として認定されたことを記念して行う。全国各地のクロモジ関連事業者らを結び、今後の活用に向けて課題や取り組みを共有する。9月4日にはクロモジ商品などを販売する関連一般向けイベントも飯島町田切の道の駅「田切の里」駐車場で開く。

県内からは伊那市や駒ケ根市、いいじま森の会(飯島町)、県上伊那地域振興局、岡谷市湊財産区が加盟する同研究会。成分の機能性研究が進み、アロマやハーブティーなどの商品化など活発になってきているクロモジ関連産業の持続的発展を目指して2018年に発足した。

クロモジの日やサミットと連動する「クロモジWEEK」として飯島町で開くイベントは、いいじま森の会が主催。森の会が町内に自生するクロモジを使って開発した葉と茎を焙煎した茶や、芳香水の除菌スプレーなどを特価で販売するなどし、森林資源を保全して活用につなげている同会の活動を紹介する。

関係者が参加するサミットでは、熊本大学の渡邊高志教授が資源植物の産業利用事例について講演。各地の団体が商品開発や普及活動などの取り組みを発表し、古来からあるクロモジの文化を産業として広めていくため意識を高める。 [ サミット運営委員会のメンバーでもある森の会の福田富穂会長は「サミットで全国の最新の研究成果を見聞きし、さらに地域貢献につながるよう取り組みたい。森の会のイベントでは、魅力ある地元素材でもあるクロモジの持つ可能性を多くの人に伝えることができれば」と話している。

飯島町のイベント開催時間は午前10時~午後3時。問い合わせは福田さん(080・4845・9253)へ。

関連記事

軽石を雑草対策に使用 黒島公民館が試行錯誤

 【黒島】島に漂着した軽石を有効活用しようと、黒島公民館の仲田和則館長は路上の雑草対策として試験的に軽石を使用している。  仲田館長は、島内を通る道路の植栽升で雑草が繁茂し景観を損ねているこ...

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク