全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「赤川花火大会プレゼンツ/2021」フィナーレ!! 夏の夜空照らす 頑張る医療従事者や市民励ます 30日間連続打ち上げ、動画配信にも笑顔

 「赤川花火大会プレゼンツ2021」が21日夜、フィナーレを迎え、割玉やスターマインなど30発が夏の夜空を照らした。大会会長で鶴岡青年会議所の五十嵐由浩理事長は「最初は不安の中での開催だったが日に日に評価され、市民に笑顔を届けられたと思う。来年はいつも通りの花火大会ができるよう願いたい」と総括した。

約1カ月間、市民に笑顔を届けた赤川花火=21日夜

 コロナ禍の中で「密」の状態をいかに避けて行えるか、実行委では今年2月から毎日のように話し合いの場を重ねてきた。その中で「2年続けて中止はしたくない」「万全なコロナ対策をどう取るのか」「頑張っている医療従事者や鶴岡市民に元気を与えたい」といった意見が出された。

 結論は「30日間続けて1日30発打ち上げよう―」。赤川河川敷と開墾150年の節目を迎えた松ケ岡を打ち上げ場所に設定。東京オリンピックの開幕に合わせ7月23日にスタートした。

 最初は「もう少し期間を短くしてその分、規模を大きくしたら」「すぐ終わって寂しい」と指摘する声もあったが、日を重ねることに「毎日午後7時半に夜空を見るのが楽しみになってきた」「時間になると子どもたちと自宅の2階に上がり打ち上げを心待ちにしている」という市民の声が増えるようになった。

 連日、ユーチューブにも配信したが「古里の鶴岡にはコロナで帰省できないが動画を見ているだけで懐かしさがこみ上げてきた」といったメッセージも届いた。  最終日は、いつも通り実行委の関係者が赤川河川敷の土手に集まり、時間に合わせてライブ配信。カウントダウンし花火を打ち上げた。

 実行委の佐藤友昭委員長は「多くの地元企業から協賛金という形で支援してもらった。市民の激励を受けながら『完走』できたことに感謝したい」、中野敬太総括は「多くの人たちの支えがあって最終日を迎えることができた。期間中、天候の関係で5日間延期となったが市民に元気を届けられたと思う」と話していた。

終了後、ライブ配信の土手から打ち上げ場所のスタッフらに手を振って感謝の気持ちを伝える実行委のメンバー

関連記事

北羽新報社

「嫁見行列」見物客を魅了 能代市日吉神社

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は21日、同神社で行われた。新型コロナウイルスの影響で、3年ぶりの開催。能代山本内外から参加した女性7人が、色打ち掛けを羽織って新...

長野日報社

長野県諏訪市の諏訪湖サマーナイト花火 7月24日から

 長野県諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は19日、諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」の開催概要を発表した。7月24~31日と8月16~27...

長野日報社

御柱祭最終日 コロナ乗り越え感動フィナーレ 長野県

諏訪大社御柱祭の下社里曳きは最終日の16日、最も太い秋宮一之御柱など残る5本の建て御柱を、長野県下諏訪町内で行った。新緑がまぶしい春宮、秋宮の社殿の四隅に新しい御柱がそろい、4月の上社山出しに...

北羽新報社

能代公園に活気 13団体出演し「おもしろアート祭り」

 能代市民有志らによる「能代公園おもしろアート祭り」は14日、同公園の池周辺で開かれた。新型コロナウイルス感染対策を講じながら、市内外の団体による踊りやバンド演奏など多種多彩な演目が繰り広げられた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク