全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

新仏載せ炎の舟川下る 流れ施餓鬼

火が付けられて川を下る流れ施餓鬼のわら舟(22日、和歌山県田辺市下川上で)

 和歌山県田辺市下川上、日置川支流の安川で22日、盆行事の「流れ施餓鬼(せがき)」が営まれた。新仏の位牌(いはい)を載せたわら舟(長さ約8メートル)が火に包まれ、川を下る様子を遺族らが見送った。
 文化年間(1804~18年)の大水害を契機に始められたとされ、県無形民俗文化財に指定されている。愛郷会が毎年8月15日に営んでいるが、今年は大雨の影響で1週間延期された。
 この日は、準備作業を始めた午前7時は土砂降りとなったが、会員らは3時間ほどかけてマダケと麦わらを使って舟を作り上げた。川の水量が多く、天候も考慮して1時間早めに開始し、スタート地点を下流に移動した。
 午後6時前、ちょうちんや河原のたいまつに火がともされ、地元の法伝寺の瀬戸道雄住職が読経、参列者が手を合わせた。わら舟に5柱の位牌を載せると火が付けられ、川に送り出した。
 愛郷会会長の桑原信彦さんは「準備は大雨で大変だったけど、何とか滞りなく営めてよかった」と話した。

関連記事

軽石、西表東部に漂着 仲間川でも少量浮遊確認

 【西表】仲間崎や古見の浦など東部地域の海岸線の波打ち際で29日、漂着と思われる軽石の帯が確認された。大原の旧桟橋には細かな軽石がわずかに吹きだまり、IDP(西表島ドローンプロジェクト)の横目英...

北羽新報社

世界遺産「白神山地」 入山の規制緩和求め要望書

 東北地方で自然保護活動に取り組む市民団体「白神逍遥(しょうよう)の会」などは29日、世界自然遺産・白神山地の核心地域(本県側)の入山規制の見直しを求める提案書を林野庁東北森林管理局(秋田市)と県...

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク