全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

新仏載せ炎の舟川下る 流れ施餓鬼

火が付けられて川を下る流れ施餓鬼のわら舟(22日、和歌山県田辺市下川上で)

 和歌山県田辺市下川上、日置川支流の安川で22日、盆行事の「流れ施餓鬼(せがき)」が営まれた。新仏の位牌(いはい)を載せたわら舟(長さ約8メートル)が火に包まれ、川を下る様子を遺族らが見送った。
 文化年間(1804~18年)の大水害を契機に始められたとされ、県無形民俗文化財に指定されている。愛郷会が毎年8月15日に営んでいるが、今年は大雨の影響で1週間延期された。
 この日は、準備作業を始めた午前7時は土砂降りとなったが、会員らは3時間ほどかけてマダケと麦わらを使って舟を作り上げた。川の水量が多く、天候も考慮して1時間早めに開始し、スタート地点を下流に移動した。
 午後6時前、ちょうちんや河原のたいまつに火がともされ、地元の法伝寺の瀬戸道雄住職が読経、参列者が手を合わせた。わら舟に5柱の位牌を載せると火が付けられ、川に送り出した。
 愛郷会会長の桑原信彦さんは「準備は大雨で大変だったけど、何とか滞りなく営めてよかった」と話した。

関連記事

北羽新報社

これぞ白砂青松 能代の住民団体が砂防林で松葉かき

 能代市の住民グループ・風の松原に守られる人々の会(桜田隆雄会長)は17日朝、今年度の林床改良作業を同市河戸川字西山下の松林で始めた。クロマツの生育環境を整え、「白砂青松」の美しい風景を維持しよ...

戦跡や慰霊碑巡る 学習成果発表向け 八商工観光コース

 八重山商工商業科観光コース2年生14人が17日、慰霊の日特設授業や観光コースづくりにつなげることを目的に㈲南ぬ島交通企画の「平和学習ツアー」に参加し、戦跡や慰霊碑を巡った。6月23日の「慰霊の日」に...

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク