全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

幕別の歌手・吉野大地さん 楽曲が映画挿入歌に

 幕別町のシンガー・ソングライター吉野大地さん(49)=ミュージック&ヒーリングスタジオトゥリヤ主宰=が歌う曲「とびら」が、映画「麻てらす番外編 やまさん余命半年の挑戦(パイロット版)」(2020年、吉岡敏朗監督)の挿入歌に使われた。帯広市内のとかちプラザ・視聴覚室で24日、同映画の上映会と吉野さんのミニライブが開かれる。

ハイトーンな声を持ち味に音楽活動する吉野さん。手にするCDが「とびら」の収録アルバム

 吉野さんは1995年にインドの賛美歌(バジャン)に出合い、インド古典音楽の歌を中心に学び、独自の音楽を築いていった。女性の音域に近いハイトーンな声が持ち味。7月には音楽からアレンジまで1人で手掛けた、約8年ぶりの新アルバム「梵巴(カルナー)」をリリースした。

 「癒やしのピアニスト」として世界的に活躍するウォン・ウィンツァンさん(東京)との共作で、これまで複数のアルバムを手掛けている。「とびら」も共作の一つで、1枚目のアルバム「空へ~VoicefromtheSky」に収録された。

 吉岡監督は過去の映画制作本数が300以上で、数多くの受賞歴を持つ。ウォンさんと交流があった縁などを通じ、今回、吉野さんに楽曲使用の依頼があった。吉野さんたちの楽曲が映画に使われるのは、今回で3回目。

 映画「麻てらす-」は肝臓がん治療のためとして使っていた大麻が原因で逮捕・起訴され、裁判中の2016年に亡くなった元フランス料理シェフ山本正光さんにスポットを当てたドキュメンタリー。「とびら」は映画のクライマックスで使用されるといい、「楽曲の持つ死生観が映画とリンクしていると思う」と吉野さんは話す。

 上映会は午後6時開始で70分。ミニライブは同7時半からで、吉野さんは「今の『吉野大地』を表現できるライブになれば」と意気込む。トゥリヤ主催。チケットは一般3000円、小中校生2000円(当日500円増し)。問い合わせはメール(leya@turiya-music.com)で。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク