全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

幕別の歌手・吉野大地さん 楽曲が映画挿入歌に

 幕別町のシンガー・ソングライター吉野大地さん(49)=ミュージック&ヒーリングスタジオトゥリヤ主宰=が歌う曲「とびら」が、映画「麻てらす番外編 やまさん余命半年の挑戦(パイロット版)」(2020年、吉岡敏朗監督)の挿入歌に使われた。帯広市内のとかちプラザ・視聴覚室で24日、同映画の上映会と吉野さんのミニライブが開かれる。

ハイトーンな声を持ち味に音楽活動する吉野さん。手にするCDが「とびら」の収録アルバム

 吉野さんは1995年にインドの賛美歌(バジャン)に出合い、インド古典音楽の歌を中心に学び、独自の音楽を築いていった。女性の音域に近いハイトーンな声が持ち味。7月には音楽からアレンジまで1人で手掛けた、約8年ぶりの新アルバム「梵巴(カルナー)」をリリースした。

 「癒やしのピアニスト」として世界的に活躍するウォン・ウィンツァンさん(東京)との共作で、これまで複数のアルバムを手掛けている。「とびら」も共作の一つで、1枚目のアルバム「空へ~VoicefromtheSky」に収録された。

 吉岡監督は過去の映画制作本数が300以上で、数多くの受賞歴を持つ。ウォンさんと交流があった縁などを通じ、今回、吉野さんに楽曲使用の依頼があった。吉野さんたちの楽曲が映画に使われるのは、今回で3回目。

 映画「麻てらす-」は肝臓がん治療のためとして使っていた大麻が原因で逮捕・起訴され、裁判中の2016年に亡くなった元フランス料理シェフ山本正光さんにスポットを当てたドキュメンタリー。「とびら」は映画のクライマックスで使用されるといい、「楽曲の持つ死生観が映画とリンクしていると思う」と吉野さんは話す。

 上映会は午後6時開始で70分。ミニライブは同7時半からで、吉野さんは「今の『吉野大地』を表現できるライブになれば」と意気込む。トゥリヤ主催。チケットは一般3000円、小中校生2000円(当日500円増し)。問い合わせはメール(leya@turiya-music.com)で。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク