全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

初水揚げ、商業捕鯨が始まる【釧路】

 

初水揚げされた全長7.6㍍のミンククジラ(22日午後3時50分ごろ、釧路港北ふ頭)

釧路沖の商業捕鯨が始まり、22日にクジラの初水揚げが釧路港で行われた。  この日水揚げされたのは、体長7・6㍍、重さ5・6㌧(内臓除く)のミンククジラの雄1頭。和歌山県太地町漁協所属の「第7勝丸」(32㌧)が正午前に釧路沖南東約50㌔の海域で捕獲し、午後3時50分ごろ釧路港北ふ頭へ陸揚げした。

 今年は釧路沖で「第7勝丸」と外房捕鯨(本社千葉県)の「第51純友丸」(30㌧)の2隻が操業する。2隻は20日に宮城県の石巻漁港を出港し、21日は釧路に向かう途中でクジラを探したが、霧が濃かったこともあり発見できなかった。日本小型捕鯨協会の貝良文会長は「1頭目が捕れて一安心。目方もまずまずで肉質もいい」とほっとした表情を浮かべていた。

 この日捕れたクジラは市内で解体した後、24日に新富士市場に出され、同日には市内の小売店にも並ぶ。  商業捕鯨再開3年目となる今年の沿岸小型捕鯨は、道内では網走と釧路の2カ所を拠点として行う。網走は10日で終了したが、釧路沖では10月いっぱいまでミンククジラ約60頭を捕獲する予定。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク