全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

地域の安全鎮火祭で祈願 長野県諏訪市の習焼神社

古式にのっとり、ひさごでくんだ水を火にかけて地域の安全を願った鎮火祭

 長野県諏訪市南真志野の習焼神社で22日、「秋葉さまの火祭り」と呼ばれる鎮火祭が行われた。江戸時代に真志野村(現同市湖南)一帯を焼きつくした大火に由来する神事で氏子総代や区役員らが8人が参列し、火災や災害が起きないよう地域の安全を祈願した。

 村を焼いた大火は1777(安永6)年3月に発生。焼け残った家は指折り数えるほどであったとされる。鎮火祭は再び大きな火災が起きないよう、火防開運の神を祭る遠州秋葉神社(浜松市)の御分霊を地元のほこらに祭ったのが始まりで1781(天明元)年8月22日から毎年同日の夕方に行っている。

 合併殿での神事後、前庭の夫婦桂の根元に設けた祭場に移動し、火打ち石で忌火を点火。参列者全員で大祓詞を奏上し、有賀寛典宮司が古式にのっとり、ひさご(ヒョウタン)でくんだ水、ワカメ、砂をかけて火を鎮めた。

 伊藤政雄・南真志野区長(70)は「伝統を受け継ぎ、次の世代に引き継ぐことは大切なこと。大雨災害とコロナ禍で厳しい状況にあるが、これ以上災害が起きないよう、また早く収束するよう願いたい」と話していた。例年は区民が集まり、境内に屋台などが出てにぎわうが、コロナ禍のため昨年に続き今年も役員だけで行った。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク