全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「焼畑あつみかぶ」栽培体験 あつみ小3年生地域の伝統学ぶ

 鶴岡市のあつみ小学校(松田裕可校長、児童159人)の3年生22人は20日、同市槙代の「温和の森」で、約400年の伝統がある温海地域特産の赤カブ「焼畑あつみかぶ」の栽培を体験した。11月下旬に自分たちで収穫し、漬け込み体験を行う。

「大きくなーれ」と元気に赤カブの種をまく子どもたち

 同校の3―5年生を対象に毎年行われている「天魄山自然教室」の一環。地域の農林業や自然環境への関心を深めてもらおうと、学校と市が県やまがた緑環境税を活用し、温海町森林組合の協力で実施している。

 この日は、先月に5年生が枝打ちした枝を使い、関係者が斜面状の畑(約50平方メートル)で焼き畑をしている様子を見学。市温海庁舎の五十嵐伸明産業建設専門員から「焼くことで、土が殺菌されてカブを病気から防いだり、灰が肥料になって土の養分が復活する。熱があるうちに種をまくと3日ほどで発芽し、冬に入る前に収穫できる。昔から米が不作の年には冬の食糧として、この時期からカブを育てていた」などの説明を聞いた。

 その後、子どもたちは4年生から引き継いだ種を持って、焼き終えた畑の前に移動。「大きくなーれ」と声をそろえ、まんべんなく種をまいた。

 齋藤芯平君(9)は「焼き畑を見るのは初めてで、熱くて迫力がすごかった。温海のカブの漬物が大好きなので、大きくておいしいカブに育ってほしい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク