全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「焼畑あつみかぶ」栽培体験 あつみ小3年生地域の伝統学ぶ

 鶴岡市のあつみ小学校(松田裕可校長、児童159人)の3年生22人は20日、同市槙代の「温和の森」で、約400年の伝統がある温海地域特産の赤カブ「焼畑あつみかぶ」の栽培を体験した。11月下旬に自分たちで収穫し、漬け込み体験を行う。

「大きくなーれ」と元気に赤カブの種をまく子どもたち

 同校の3―5年生を対象に毎年行われている「天魄山自然教室」の一環。地域の農林業や自然環境への関心を深めてもらおうと、学校と市が県やまがた緑環境税を活用し、温海町森林組合の協力で実施している。

 この日は、先月に5年生が枝打ちした枝を使い、関係者が斜面状の畑(約50平方メートル)で焼き畑をしている様子を見学。市温海庁舎の五十嵐伸明産業建設専門員から「焼くことで、土が殺菌されてカブを病気から防いだり、灰が肥料になって土の養分が復活する。熱があるうちに種をまくと3日ほどで発芽し、冬に入る前に収穫できる。昔から米が不作の年には冬の食糧として、この時期からカブを育てていた」などの説明を聞いた。

 その後、子どもたちは4年生から引き継いだ種を持って、焼き終えた畑の前に移動。「大きくなーれ」と声をそろえ、まんべんなく種をまいた。

 齋藤芯平君(9)は「焼き畑を見るのは初めてで、熱くて迫力がすごかった。温海のカブの漬物が大好きなので、大きくておいしいカブに育ってほしい」と話した。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク