全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「事故やコロナをあの世へ」アンガマで交通安全啓発 八重山地区交通安全協

八重山警察署員にアンガマを披露する大浜青年会の会員=20日午後、同署駐車場

 旧盆迎え日の20日午後、八重山警察署駐車場で交通安全啓発イベント「交通安全旧盆アンガマ アンガマやお~りた」(八重山地区交通安全協会主催)が行われ、大浜青年会(登野城吉宗会長)の会員20人余が踊りを披露した。

 主催者を代表して同協会の長浜寛会長は「交通事故やコロナをあの世へ持って行ってほしいとの願いで、署員の方々にアンガマを見ていただけたら」とあいさつ。

 同署の垣花聡署長は「ハーリーや豊年祭が中止や縮小となり伝統行事に触れる機会が少ない中、今回大浜青年会の方々が披露してくれるとのことで、非常に楽しみにしている。ウートートーと併せて八重山地域から交通事故や飲酒がらみの事故がなくなるように祈っている」と話した。

 八重山署によると、管内では、7月末時点で人身事故が31件(前年比5件増)起きており、飲酒運転は19日時点で21人が検挙されている。垣花署長は「路上寝を始めとした飲酒がらみの事件事故が多くなってきているため、街頭活動や交通取り締まりを強化していく」と話した。

 このあと、大浜青年会の会員らが登場し、署員や家族らの前で七月念仏や踊りを披露。珍問答で「グソー(あの世)にコロナはありますか?」との問いに「病気も何にもないよー」、「グソーの方が安全でやっかいだねー、全部持って帰ってくださいねー」などと問答した。

 アンガマの後に、大浜青年会の登野城会長は「交通事故のない安心安全な生活をできるように呼び掛けるとともに、私たち自身も気を付け、一人一人が意識していきたい」と誓った。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク