全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田 飛島沖からトビウオ姿消す

 酒田市飛島沖からトビウオが姿を消してしまった。この3年間ほとんど水揚げがなく、今年、刺し網を仕掛けた漁師もいない。トビウオ漁が大きな収入源だった漁師にとって打撃だが、トビウオだしを使っている酒田市内のラーメン店なども大弱りだ。

 年によって好不漁の変動があるトビウオの不漁は、飛島に限ったことではない。県水産研究所の漁況では、今年6月のトビウオの水揚げ量は加茂港14㌔、由良港37㌔、豊浦港25㌔、鼠ケ関0㌔。計76㌔は平年比の2%ほど。昨年同月はそれぞれ▽300㌔▽514㌔▽192㌔▽212㌔―で計1218㌔だが、それでも平年比21%。2012年の4漁港の計約20㌧に比べても大きな落ち込みだ。

 沿岸の漁港は定置網漁で、ほかの魚に交じっての水揚げなのに対し、飛島はもっぱらトビウオを狙って刺し網を仕掛ける。飛島ではトビウオ漁の季節、あらかじめ網を仕掛ける場所を決めて番号を付け、漁師がくじ引きでその年の場所を決めるが、今年はそれさえしなかった。

 山形県漁協によると、飛島では捕れたトビウオを焼き干しにして、だし用の製品として出荷するため、他の漁港のような水揚げ量としての記録はない。ただ12年は1箱300匹入りで270箱を出荷している。漁協を通さない分もあり、実数はその倍ぐらいになるのではないかという。

 県水産研究所は、トビウオは海面近くを群をなして泳ぐ「浮き魚(うきうお)」で、環境の影響を受けやすい魚だが、海水温の影響があるのかどうかもはっきりしない。ただ、不漁は飛島だけの事ではなく新潟沖から西日本の日本海側でも不漁続きという。

 飛島のトビウオは酒田市内のラーメン店にとって味の〝命〟ともいえるめんつゆのだし。市内のラーメン店は「飛島のトビウオは味が濃い絶品。今は全く手に入らず、輸入品の小ぶりのあごだしに頼ることが多くなった」と嘆いている。

 不思議な事がある。今年、庄内沖でクロマグロ漁が好漁だった。6月の漁況では30㌔以上が7・9㌧で平年比277%、30㌔弱が11・3㌧で同281%の水揚げがあったが、マグロは漁獲制限がある。飛島に限らず、庄内沖でのトビウオ漁の不漁は、マグロの回遊によってトビウオが通り道を変えたせいだろうかなどとの声も聞かれるが、島の漁師たちの願いは、早くトビウオに戻って来てほしいことだ。

飛島ではドル箱のトビウオ漁だったが(2009年)

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク