全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ワールドカップ出場へ 世界14カ国から700人エントリー 厚真けん玉クラブの6人 今年もオンライン開催

厚真町内の拳玉愛好者でつくる「厚真けん玉クラブ」(通称あつけん)のメンバー6人が21、22の両日、オンラインで開催される「ウッドワンけん玉ワールドカップ廿日市(はつかいち)2021」に出場する。日本をはじめ、世界14カ国から過去最多となる総勢700人がエントリーしており、あつけんメンバーたちはそれぞれベストパフォーマンスを披露しようと意気込んでいる。

「けん玉ワールドカップ」出場に向けて意気込む厚真けん玉クラブのメンバー

 大会は、拳玉発祥の地・広島県廿日市市で14年に始まった国際大会。各国の拳玉プレーヤーが一堂に会して技術を競い、交流を深めている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえ、昨年は各会場をオンラインでつないで開かれ、同クラブから大人2人が初参戦した。昨年に続いてオンライン開催となった今年は、新たに小学生4人を加えて挑む。

 競技は予選と決勝に分けて実施。初日の予選は3分間で最大5本のトリック(技)を組み込んだプログラムを2回行い、最も多い場合で10本になる技の難易度に応じ、得点が付与される。翌日の決勝では、3分間で事前に申請したトリックを順番通りにクリアし、合計得点を競う。

 メンバーは週1回の練習に加え、夏休み期間中は午前6時に公園に集まって特訓。それ以外でも時間があれば、各自、自宅や学校で技に磨きを掛けてきた。

 厚真中央小2年の池田悠真君(7)は4歳から競技として始めて3年ほど。「メンバーと一緒にやってきたからここまでうまくなった。緊張すると思うけれど、成長しているところを見せたい」と張り切る。2年連続出場となる代表の斉藤烈さん(33)は「目標は昨年の点数(48点)を超えること。構成もかなり攻めた内容になっている」と意欲をうかがわせる。

 斉藤代表は「世界大会に出ることなんてなかなかないし、拳玉というちょっとしたおもちゃで世界の人と戦えるのは面白いと思う。『世界は広い』ということを子どもたちに伝えられたら」と話す。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク