全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

幼いタンチョウ 一家で救出 大樹の吉田さん

堆肥に落ちた幼鳥の汚れをぬるま湯で落として乾かす吉田さん(吉田さん提供)

 大樹町生花で酪農業を営む吉田貴幸さん(41)方で18日、牧場内の堆肥の貯留槽に、国の天然記念物タンチョウの幼鳥が落ちて動けなくなった。見かねた家族で救出し、介抱して親鳥の元へ帰した。吉田さんは「また親子一緒に戻せて良かった」と話している。

 約300頭の乳牛を飼育する吉田さんの牧場内では、通年でタンチョウの姿を見掛けるという。今春は、つがい1組に2羽のひなが生まれ、4羽が一緒にいる姿を確認していた。

 同日午後3時ごろ、吉田さんが貯留槽を見たところ、ふん尿の中で動けなくなっている幼鳥を発見。近くでは親鳥が心配そうに見守っていた。最近は幼鳥が羽ばたいて飛ぶ練習をしていたことから、「誤って堆肥の中に落ちてしまったのだと思う」と推察する。

堆肥の中に落ちた幼鳥と心配そうに見守る親鳥(町教委提供)

 町に連絡して職員に来てもらったが、貯留槽の中に入れずに救出できなかった。ただ、吉田さんは諦めきれず、先端に針金で輪を作った3メートルほどの棒を幼鳥の脚に引っかけ、午後6時半すぎにようやく引き上げた。

 「冷えてぶるぶると震えていた」という全長約1.4メートルの幼鳥を、子どもたち3人を含む一家5人で介抱。汚れをぬるま湯で落とし、ドライヤーで乾かすなどして温めた。夜は知り合いの獣医師に頼んで一晩預かってもらった。翌日にはすっかり元気になり、親鳥と対面させると、そのまま一緒に連れ立って行動。現在も敷地内で仲良く過ごしている。

 吉田さんは「かわいそうで何とか助けてあげたかった。自分も父親なので親鳥が子どもを心配する気持ちが伝わった。命が助かったことがうれしい」としみじみと話していた。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク