全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

種田山頭火の好物だった豆腐にスポットを当てた企画展 山口市

豆腐愛が詰まった山頭火のエピソードや俳句を紹介する展示(小郡文化資料館で)

 漂泊の俳人、種田山頭火(1882~1940年)の好物だった豆腐にスポットを当てた企画展が山口市小郡下郷の小郡文化資料館で開かれている。山頭火の日記に登場する豆腐に関するエピソードや俳句を紹介している。10月31日まで。

 山口ゆめ回廊博覧会事業の一つ「文学ラリー」に合わせて企画した。会場には、山頭火が生きた時代に使われていた豆腐籠や湯豆腐用の鍋、句集など5点とパネルが並ぶ。

 山頭火の俳句の中で豆腐が登場する作品は26句ある。このうち句集に収められている「草にも風が出てきた豆腐も冷えただろ」「落葉ふんで豆腐やさんが来たので豆腐を」の2句を資料と共に展示している。残りの俳句もパネルで紹介している。

 この他、山頭火に会う際に友人たちが豆腐を手土産にしていたことや、「豆腐をたべる会」と名付けた句会を開いたこと、佐藤吾一著「豆腐を語る」という書籍を読んで感激し、著者にはがきを送ったエピソードなどが紹介されている。

 同館文化財専門員の魚谷なつみさん(28)は「展示を見てクスッと笑ってもらい、山頭火を身近に感じてもらえたら」と話していた。

 入館無料で、時間は午前9時~午後5時。月曜休館。

関連記事

軽石を雑草対策に使用 黒島公民館が試行錯誤

 【黒島】島に漂着した軽石を有効活用しようと、黒島公民館の仲田和則館長は路上の雑草対策として試験的に軽石を使用している。  仲田館長は、島内を通る道路の植栽升で雑草が繁茂し景観を損ねているこ...

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク