全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

きょう旧盆入り コロナ禍、商戦に影響 食事需要、「密」避け低迷

市内スーパーなどは、旧盆用の商品を買い求める地元客でにぎわった=19日午前、ゆらてぃく市場

 20日(旧暦7月13日)の旧盆(ソーロン)入りを前日に控えた19日、石垣市内のスーパーなどでは旧盆商戦がピークを迎えた。新型コロナウイルス禍での旧盆は2年目。親戚一堂で集まる機会は三密回避の観点から減少、旧盆時の食事需要が低迷している。

 旧盆用の食事を提供する市内事業所では、数量限定のオードブルの予約が完売。内容は供え物用と食卓用の2段重だ。しかし、通常だとセット購入されるすしの盛り合わせは、ほぼ売れなかった。  担当者は各家庭で会食を通しての感染拡大を懸念したとみており、「石垣市でもコロナ感染が増えているので、ことしは厳しいと思っている」と話した。

 旧盆用の菓子として有名な「くーがし」は、砂糖を使った甘い菓子。旧盆が終わると、関係者に土産として渡されるケースが多い。この日、市民たちは午前中から菓子店を訪れ、目当ての商品を購入していった。

 ただ、菓子店はコロナ禍の旧盆で「くーがし」需要が低迷すると判断、すでに販売量を制限している。ある店舗では1体15㌔分ある菓子の入荷を10体分減らして対応。担当者は「コロナ禍で人が集まりにくいので、売れないと判断した」と事情を話し「早く普通に戻ってほしい。コロナはいつ収まるのか」と心配した。

 JAファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」(赤池進店長)では14~21日を「旧盆フェア」として青みのある果物などを販売。供え物用の青切りパインは品薄、島バナナは豊作という。

 買い物に来た70代女性=川平=は亡くなった母と姉のため供え物の果物などを購入。旧盆では通常、島外の孫たちが6~7人手伝いに来るが、ことしはコロナ禍で来島自粛。同女性は「家族だけでやる。母と姉が好きだったものを飾り付けたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク